読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手作りの海外一人旅

Valenciennes Träumereien中の人の旅行メモ用。人生のスパイスは愛と勇気と愛しい彼の声。ファン歴13年目のロシア人バス歌手アレクサンドル・ヴィノグラードフのファンサイトもヨロシクお願いします♥

ラフマニノフのオペラ3部作@モネ劇場

ベルギー・ブリュッセルで6月末に上演されていたラフマニノフのオペラ3部作。配信が始まったようです。 (アレコ、ケチな騎士(1:02:10辺り〜)、フランチェスカ・ダ・リミニ(1:55:40辺り〜)

こちら 3つまとめての配信なのね。。。 一通り観たので、簡単な感想を。。。

これってコンサート形式じゃないんだよね?オケが舞台の上に乗っているけど。。。 とにかく観てみて下さい・・としか言えない(笑)

先に「アレコ」と「フランチェスカ〜」を観ました。この二つは演出に共通点があります。階段の上に登場人物が殆ど微動だにせず(たまに動きます) 殆ど前を向いたまま歌います。ミニマムの極地だけども、却って動きや表現を制限されるような感じなので、これはこれで歌手は大変かも・・

ゼムフィーラ/フランチェスカのアンナ・ネチャーエヴァは、2月のナンシーでのゼムフィーラ/フランチェスカだったゲレナ・ガスカローヴァよりも断然好み!! フランチェスカ〜では、ちょっと高音が苦しそうですけど、声が適度に深くていいな〜〜と思います。

アレコのコスタス・スモリギナスは、2008年にロンドンで「ボエーム」を聴いたついでに、ヤングアーティストのガラコンサートを聞きに行った時に歌ってた人。順調にキャリアを伸ばしているようですね。 この演出だと、逆の意味で感情表現は大変だろうな・・と思いますが、なかなか良い◎と思います。彼がマラテスタも歌ってくれたら良かったのに〜

・・ということは、はあその、マラテスタって難しい役なんだとしみじみ感じました^^; (で、オケも指揮も疲れちゃったのか?アレコで聴かせてくれた、ふくよかさは何処へ行ったの〜〜?というぐらい、まるで別物?!)

マラテスタのDimitris Tiliakosは声が高過ぎ、長大なモノローグの3分の1ぐらいまではなんとか歌えてますけど、後半は声が上ずってしまっていて・・><; ミニマムな演出は、象徴的な内容のこの作品にはマッチしていると思うので、もう少し歌唱力がしっかりした歌手で聴きたかったわ・・

パオロ(と、「アレコ」の若いジプシーも)はセルゲイ・セミシュクール。良い味出してます◎

で、翌日にケチな騎士を見ました。これ、今まで機会がなかったのでお初です!! これだけ演出のテイストがちょっと違っていて、普通にオペラらしい演出です。(と言っても、前衛ちっくですけどね) それでも各人の動きは制限されています。映像が(視覚的に時々うるさく感じることもあるけど)よい効果を出しているのではないかしら?

レイフェルクス、実は若い時の歌唱ってピンと来ないことがおおかったんですが、今のほうがいいなあ。確かにもう少し重心の低い声の方が、もっと歌の迫力は増すかと思いますけどね。

息子のアルバート役のDmitry Golovninも、公爵のIlya Silchukovもなかなかいい感じ。 男声オンリーのくら〜いオペラですが(笑)ラフマニノフオーケストレーションが素敵。

ラフマニノフの3つのオペラは短いので、ちょっと見てみよう〜〜聴いてみよう〜〜で、全部聴けちゃうのがいいですわ(笑)

なかなか3つ揃って映像で見る機会はないと思うので、興味のある方は是非是非〜〜

Rachmaninov Troika

Music direction ¦ Mikhail Tatarnikov Director ¦ Kirsten Dehlholm In collaboration with ¦ Hotel Pro Forma Co-director ¦ Jon R. Skulberg Set design ¦ Maja Ziska Lighting ¦ Jesper Kongshaug Costumes ¦ Manon Kündig Dramaturgy ¦ Krystian Lada Video ¦ Magnus Pind Bjerre Chorus direction ¦ Martino Faggiani

ALEKO ¦ - Aleko ¦ Kostas Smoriginas Young gipsy ¦ Sergey Semishkur Old gipsy ¦ Alexander Vassiliev Zemfira ¦ Anna Nechaeva Gipsy woman ¦ Yaroslava Kozina

SKUPOJ RYTSAR‘ ¦ - Baron ¦ Sergei Leiferkus Albert, his son ¦ Dmitry Golovnin The duke ¦ Ilya Silchukov Money lender ¦ Alexander Kravets Servant ¦ Alexander Vassiliev

FRANCESCA DA RIMINI ¦ - Lancelotto Malatesta ¦ Dimitris Tiliakos Francesca, his wife ¦ Anna Nechaeva Paolo, his brother ¦ Sergey Semishkur Virgil’s shade ¦ Alexander Vassiliev Dante ¦ Dmitry Golovnin Orchestra & chorus ¦ La Monnaie Symphony Orchestra & Chorus

******************* ところでラフマニノフの3つのオペラのうち、「アレコ」と「フランチェスカ〜」は、2月にフランスのナンシーでも上演されました。 こちら に情報まとめております。 ナンシーでは、アレコとフランチェスカ〜のマラテスタ、両方をアレクサンドル・ヴィノグラードフが歌ってます。(ダブルビルだったのよ!ちょっと自慢)

アレコフランチェスカ・ダ・リミニ、両方とも8月中旬まで観られるので ロシアものに興味のある方は、是非見比べを〜〜

フランス語圏で2回もこの珍しい演目が新演出でかかり、いながらにして映像で観られるって、なんて素敵な時代

彼のラフマニノフ愛溢れる歌唱を、是非ご堪能下さいませ。

・・・あ、まだ感想書いてない^^; (ギョーム・テルにかまけている間に・・いけないわ、早く書かなくてはw)

それにしても、地味に映像も増えてきてヴァラリン嬉しい 今シーズンはトーキョーでのベジャール第九も含めると、アレコ/マラテスタと、先日のウィリアム・テルで3つも! 過去最高かも・・・(笑)ホームページのデータ入力も進めなくちゃ。忙しい〜〜

Copyright ©Valenciennes Traeumereien 2014-