読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手作りの海外一人旅

Valenciennes Träumereien中の人の旅行メモ用。人生のスパイスは愛と勇気と愛しい彼の声。ファン歴13年目のロシア人バス歌手アレクサンドル・ヴィノグラードフのファンサイトもヨロシクお願いします♥

そして私は必死で予習中・・^^;

ロイヤルオペラの【ウィリアム・テル】 今日は2回目の公演だけど、どうなることやら。。。

まあ、件のことについては、たぶんイギリスだからこんなに大騒ぎになってしまったんじゃないかな、と思います。 冷静になって考えてみると、自分が11年前に体験したベルリン国立歌劇場での出来事など、ドイツでは既に10年以上前からこーいうことはあったわけで。 ほんの数分の場面のことで煽るようなレビュアーも、なんとなく大げさに感じられてきました

とにかく見てみないと、これ以上のことは言えません…ということで、ライブシネマを心待ちにしている今日この頃。。。(なんて単純なのわたしったら・・数日前まで「どうもテンションが上がんないわ」と悩んでいたのにw)

そして私は今、必死で【ウィリアム・テル】の予習中です。聞き所を教えて頂き、部分的に聴いていても、やっぱり音楽が通して頭に入ってないと、どうも落ち着かないので ナクソスに登録してきました (ひと月2000円近くかかりますけど、CD全曲版をそれぞれ買うよりは安いですし、月初めだったので登録のタイミングも良かったし、今月はこれで色々聴きまくろうっと。オペラの全曲版も往年の録音から、新しいものまで色々揃っているし。ヴィノグラードフの出てるショスタコ13番/14番も聞いてみちゃおー❤←あるじゃないか、手元にCDが^^;)

コメント欄でBasilioさんにお勧めして頂いた(奇しくも今回のキャストとも一部被り、指揮者も同じ)パッパーノ盤と、もう一つ、アントニオ・フォリアーニ盤をかわりばんこに流してます。 往年の録音も面白いんですが、比較的最近の演奏の方が、馴染みやすい気がしまして。どちらも、今回のROHと同じフランス語での演奏です。

実はYTで、何処かの劇場での上演のものをちょっと見てみたりもしたんですが、字幕がどこの言語なのかわからないと、逆に気が散ってしまい・・・

まったく知らないものの場合、音だけとりあえず流して聴くのが私にはいいのかもしれません。ナクソスのリストには、どの部分でどの役が歌っているのかも明記してありますから、だいたいヴァルテルが歌っている部分も検討がつくようになりました。(Basilioさんの解説と、自分の図が参考になっているw これはメルクタールが殺されたことをアルノールに伝えてるとこでしょ、多分^^)

tell

で、たしかにこの作品(長いけど)慣れてくると聴き応えがあるわ〜〜って思えるかも。やっぱりロッシーニらしい、かわいらしい旋律も見え隠れしてますけど、2幕の幕切れのところなんか、盛り上がりますものね。合唱がいっぱいあるのも嬉しい。 重唱部分で最低音の旋律を探るように聴くのが好きな私にとっては、確かに萌え萌えかも。

(例の場面はこの合唱&重唱部分なのかしら・・写真見つけてきちゃった。。。どこにいるかわかっちゃったけど・・拡大して確認してみたりとか←なにを?)

tell

さ。この写真を励みに?!予習、予習。ファンサイトにもどーやって載せようかと考え中。舞台写真はロイヤルオペラのFlickrが高画質でまとまってるかな。。。 全体的に暗めの舞台なので、映像になるとうまく再現できるか微妙かもね・・;

ところで今回のライブシネマは全国でも13カ所という限られた場所、おまけに時間も平日の午後5時〜21時40分ごろとのことで、非常に中途半端なんですけど 13カ所のうち、5カ所が東京と神奈川、東京よりも北での上映は残念ながらありません。

それで、目下の悩みはどこで見ようかな〜〜ということだったりします オットの単身赴任先からがわりあい、車を使えば比較的簡単に行ける所じゃん、と思っていたら、スケジュール調整がなかなかうまく行かないとかね。。。

で、交通アクセスの良い品川では、同じ敷地内の品川プリンスホテルこんなプランを出してたり(笑)

チケットと朝ご飯込みで、このお値段かー。一人だとちょっと割高かな・・(せっかく貯めてる500円玉貯金がなくなっちゃうw) 上京するしかない!という状況(シャレじゃないよ)だったらこれもありかな・・とは思うんですけど。帰宅できないわけでもないしね・・ (夜遅くに移動するのが嫌だなと思うだけで、電車自体は動いているのヨ)

オットの単身赴任先だと、滞在中はネットに繋げないので、見たものをじっくりと考えるには、ちょうど良いんですけどね(ちょっと寂しいけどw)

チケットもポツポツ売れはじめているようで、ちょっと安心しました。どの映画館も小さめのお部屋での上映のようなので、ほんと、早くどこで見るか決めなくちゃ。。。

そして、予習にちょっと飽きてきて結局ヴァシリー・ペトレンコとのショスタコ13番ナクソス経由で聴いてる・・やっぱり落ち着くわw(サガだ・・;)

そうそう、前から興味のあったヴァシリー・ペトレンコの【アレコ】の舞曲集も聴いてみました。ああそうそう、こーいう、コーカサスの雰囲気たっぷり、むせかえるような、ふくよかな指揮でナンシーでの上演も聴いてみたかったな・・(そのあと続けて聴いているラフマニノフ交響曲2番がまた、すっばらしいわ・・今、ペトレンコと言えばキリル氏の方が話題になっていて、彼も勿論良い指揮者ですけど、私はヴァシリー、引き続き応援したいわ、うん)

もしヴィノグラードフがロシアオペラアリア集を出す時には、やっぱりヴァシリーに指揮して欲しいワ(結局、そこにいくわけね・・(サガだ・・

・・話が思いっきりズレましたけど、と、とにかく今日の上演はうまく行きますように(観客もあまりオーバーアクションしないで欲しいよ・・) 彼の公演がライブシネマにかかるのは初めてだし、今回公演も17日までまだあと6回ありますし、ライブシネマが終わってもBBC-Radio3での放送もありますし、なんかもう、半月ぐらいはずーっと落ち着かないかも。

それもこれも、あんな騒ぎになって、おまけに初脱ぎ(彼が舞台の上でそーいう格好をしたのは、私が知っている限りでは初めて・・)なんかするからですよ、まったくもお〜〜〜

Copyright ©Valenciennes Traeumereien 2014-