読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手作りの海外一人旅

Valenciennes Träumereien中の人の旅行メモ用。人生のスパイスは愛と勇気と愛しい彼の声。ファン歴13年目のロシア人バス歌手アレクサンドル・ヴィノグラードフのファンサイトもヨロシクお願いします♥

近況報告 2015年3月上旬

気がついたら、一ヶ月近く放置してました・・・orz

えーと、一つ前のRLPO&ヴァシリー・ペトレンコの来日公演と時期を同じくしてインフルエンザ → 義父の葬儀 → フランス・ナンシーへの遠征・・と、怒濤の一ヶ月を過ごし、 やーっと、落ち着いて自分の生活リズムの見直しなどへの余裕が少しずつ出てきました。

えー?(フランスの地方都市^^;)ナンシーなんて、なぜ一人で行ったんですかっ?!

(職場で報告したら「なんしーって、南仏のほうですか?」とけっこう聞かれたんですけど、違いますっ、「アルザス・ロレーヌ地方」の「ロレーヌ」がナンシー、つまりドイツにほど近い方ですから、北東に当たります)

って、そりゃ・・・(///▽///

ツイッターでは呟いてましたが、2月12日と15日のナンシーオペラでのラフマニノフの「アレコ」と「フランチェスカ・ダ・リミニ」の二本立てが目的。

遠征自体は、最初は疲れから来た(であろう)時差ぼけでキツかったのですが、 とっても楽しく、且つナンシーの人々の温かさに癒された旅でした。 (ちなみに今回初めてANAの直行便を使いましたが、こういうご時世ですので、がら空き・・往復ともエコノミーフルフラットを満喫w)

2013年のパリへの遠征時には、あまり良い思い出ができなかったので^^; フランスとは相性が悪いのかも・・・と危惧していたんですが、所変われば、でして。

ナンシーは、フランス語が全く出来ない私でも、とっても快適に過ごせて、おまけにオペラハウスはホテルと道を挟んだ反対側という絶好のロケーション。昨年11月と今回と、2度続けてこのオペラハウスに出たアレクサンドル・ヴィノグラードフがもしまた次に出ることがあれば、また聴きに行く気まんまんです(でも今はお財布状況が厳しいから、一年ぐらい先でいい・笑)

旅行のこともまとめたいし、オペラの感想も書かないといけないんですけど^^; 未だに思い出の卵を温めている最中で、そろそろ孵化して欲しいんですが;;

メンタル面で色々浮いたり沈んだりしてまして、なかなかまとまった書き物が出来ない状態が続いています。 (サイト構成見直したい病もまた復活したりねw)

そういうわけで、気長に待って頂ければ幸いです(待って下さる方がいらっしゃれば、ね^^;)

とりあえず、ヴィノグラードフが初めてお国もの=ロシアもので映像を残してくれた記念&彼のラフマニノフ愛(!)溢れる歌唱をご堪能下さいませ(*^^)

【アレコ】のカヴァティーナ これはバス(バスバリトン)のアリア単体としても有名よね。

フランチェスカ・ダ・リミニ】のランチェロット・マラテスタのモノローグとアリオーゾ こちらは「アレコ」ほどなじみがない(私も予習するまで全然知りませんでした^^;)ですが・・・

全曲収録もしてあります。珍しい作品の二本立てですし、いずれ市販のディスクが出れば良いのですが、 興味のある方は 【アレコ】

【フランチェスカ・ダ・リミニ】

を、それぞれクリックして見て下さい(演出には色々言いたいことがあるんだけどねっ( ̄ー ̄)ニヤリ)

(フォトギャラリー等、データベースは→→→ご参照下さいませ。

Copyright ©Valenciennes Traeumereien 2014-